スカルプケアとコンディショナーの関係性

Oleh: costapub
2013年9月1日

コンディショナーというものがあります。
シャンプー後に利用している方も多いでしょう。
そのコンディショナーにはスカルプケアという機能が持たされている事は、
あまり知られてはいないかもしれません。
そもそもシャンプーをした後の頭皮は、アルカリ性となります。
アルカリ性は普段の頭皮ではありません。
普段の頭皮の状況は弱酸性です。
その弱酸性の状況に変えるために人体が行うのが皮脂の分泌です。
しかし皮脂の分泌量が多いと頭皮の環境が悪化してしまう事もありまして、非常に悩ましい存在です。
そこで出てくるのがコンディショナーです。
実はコンディショナーは弱酸性です。
ですので、シャンプー後にコンディショナーを使う事で、頭皮を弱酸性にします。
そうすると皮脂があまり多くの量が必要ないと判断して量を制限してくれます。
その結果、スカルプケアになるというわけです。

Category: 日記 | RSS 2.0 Both comments and pings are currently closed.

No Comments

Comments are closed.

  • Widget Area

    This is widget area, add your widget here from your widget on appereance on your admin panel